では早速生活保護の金額を計算しましょう。

もちろん生活保護の金額はひとによって違います。

トップページでも説明したように級地や家族構成、収入によって金額は変わってきます。

下記の項目でまずあなたがまずどのくらいもらえるか計算できます。

その1~7を全部足した金額が生活保護における最低支給額です。

この金額が収入より多ければその不足分が支給されます。

例)最低支給金額25万円で収入が20万の場合、不足分5万円が支給。

1、生活扶助基準・・・第1類費:個人的経費(飲食物、被服費など)                             
                     +
2、
生活扶助基準・・・第2類費:世帯共通的経費(光熱水費、家具什器費など)
                     +
3、
加算額・・・障害者、母子加算(子供の数に応じて)
                     +
4、住宅扶助・・・家賃、地代(厚生労働大臣が定める額の範囲内)               
                     +
5、教育扶助基準・・・小学校2,150円、中学校4,180円(その他給食費などの実費)
                     +
6、介護扶助基準・・・居宅介護などにかかった介護費の平均月額
                     +          
7、医療扶助基準・・・診察などにかかった医療費の平均月額
                     +
その他出産、葬祭などがある場合はそれらの経費が一定額加算される。